JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

JON BALKE ヨン・バルケ Discourses

ピアノの中にあるサウンドスケープ

f:id:zawinul:20200530222956j:plain

 

サウンドスケープ(音風景)を背景に聞こえるピアノというより、

ピアノの中に潜むサウンドスケープ(音風景)という気がする。

サウンドスケープの取り込み方が絶妙で、素晴らしい。

 

ノルウェーのピアニスト、ヨン・バルケによるピアノソロの新作である。

 

ECMにおけるピアニスト群の中でも、

ただただ、耽美的過ぎるものであったり、

ただただ、概念ぽくって重々しいばかりのものであったり・・・・など、

どうしても好きになれないピアニストも少なからずいる。

そんな中で、ヨン・バルケの哲学的で控えめ、静かな語り口には、

いつも感心させられてしまう。

1992年に制作された「Nonsentration」という作品が大好きなのだが、

この頃から既に、サウンドスケープとしてのオスロ13のアンサンブル自体が、

ヨン・バルケのピアノの中に取り込まれているのかもしれない。

 

ヨン・バルケという少々、おどろおどろしい名前に惑わされることなく、

是非、多くの皆さんに聴いていただきたい。

最後まで一気に聴けてしまう、上質なエキセントリックさがあるのです。

 

Jon Balke(piano, sound processing)

 

1 The self and The opposition
2 The facilitator
3 The container
4 The assumptions
5 The certainties
6 The suspension
7 The polarisation
8 The second argument
9 The why
10 The deliberation
11 The first argument
12 The how
13 The mutuality
14 The first afterthought
15 The second afterthought
16 The third afterthought

Release date: 15.05.2020
ECM 2648

 


the why