JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Jakob Bro  ヤコブ・ブロ  Uma Elmo

空中から音を取り出す

f:id:zawinul:20210406221953j:plain

 

キース・ジャレットが、

NEA Jazz Masters Awards 2014 での受賞式のスピーチの中で、

 

「世界は今、退屈なものになりつつある。スクリーン上の二次元な世界であり、

 この非現実に、人々は完全に慣れ親しんでしまっている。音楽に対して、

 自分の考えを持っていない」

「(私たち※は)空中に浮遊している、その音楽を取り出し、いつでも演奏できる、

 それがコンサートを開く目的だ」

と語っている。

 ※=スタンダーズトリオのメンバーのこと

 

確かに、そんな気もする。

我々は、与えられた二次元的な安楽な世界にどっぷり浸かって、慣らされ、

身体的に世界に向き合い、あるいは立ち向かう気力を削がれ、

極めて唯脳的で、受身で、孤独で、閉じた方向へのスパイラルが、

加速してきている気がする。

 

このヤコブ・ブロのニューメンバーによるトリオの演奏を聴いて、

まさに、「空中に浮遊している、音楽を取り出す」というキースの言葉を思い出した。

演者の剥き出しの生身が「世界」=「空中」と対峙し、交歓する中で、

新たに変化した自分=音楽を取り出しているという実感に溢れている。

そんな、本来、音楽の持つ力でもある、非常にエロティックな世界との関わり方を、

教えてくれているように思った。

 

ヤコブ・ブロの、ランドスケープになっているエレクトリックなギターの使い方、

アルヴェ・ヘンリクセンの、トランペットとは思えない多層な表情を持つ音色、

ホセ・ロッシの、控えめでありながら端正な、空間の切り取り方、

などなど、まだよく聴き込んではいないが、

ヤコブ・ブロの新生トリオは、また新たな語り口を見つけたようだ。

素晴らしいの一言に尽きる。

 

Jakob Bro(guitar)
Arve Henriksen(trumpet,piccolo trumpet)
Jorge Rossy(drums)

Recorded August / September 2020

 

1. RECONSTRUCTING A DREAM
2. TO STANKO
3. BEAUTIFUL DAY
4. MORNING SONG
5. HOUSEWORK
6. MUSIC FOR BLACK PIGEONS
7. SOUND FLOWER
8. SLARAFFENLAND
9. MORNING SONG (VAR.)

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bill Evans,Jim Hall  ビル・エバンス,ジムホール Intermodulation

人生で一番聴いたアルバム

f:id:zawinul:20210331213511j:plain

私がジャズを聴き始めて、2枚目に買ったアルバム。

見開きの和紙ライクな白いLPジャケットが素敵で、そこに描かれた、

水墨画のような二人の姿が象徴するように、

地味ながら、二人のインタープレイが紡ぎ出す、枯淡な味わいは、

聴けば聴くほど、滲み出てくるようなアルバムである。

 

「アンダーカレント」は勿論、歴史的に素晴らしいアルバムであるが、

ある意味、予見しない二人の出会いが奇跡的にスパークした感があるのに対して、

この二作目は、時を経て再開した、二人の信頼関係にあふれた相互作用が、

より深いレベルで交歓し合い、一つの硬質な結晶体に昇華している点において、

前作を上回った即興と言っても言い過ぎでは無い。

 

何度、繰り返し聴いたことか。

多分、全てのアルバムの中で、人生で一番聴いたと思う。

飽くことなく、毎日毎日ターンテーブルに載せていたのは、

一枚一枚を丁寧に大切に聴いていた貧乏学生の所以たるところではあるが、

それ以上に、この二人の緊密な秘密めいたやりとりの魅力に

取り憑かれてしまったのだろう。

今でも、二人のソロを殆ど口ずさむことができる。

 

そして今、改めて聴いても、その新鮮さを失わない。

ピアノとギターという楽器による対話が、

これほど交歓する喜びを現し、それでいて、各々が独立して美しくもある、

そんな魅力ある対話ができれば、人生幸せというものである。

演奏者としての孤独の悲しさを自覚したもの同士だからこそ、為せる技。

 

デュオ作品における最高峰の軌跡をぜひ、ご堪能ください。

 

Piano – Bill Evans
Guitar – Jim Hall

Recorded April & May 1966

 

1. I’ve Got You Under My Skin
2. My Man’s Gone Now
3. Turn Out The Stars
4. Angel Face
5. Jazz Samba
6. All Across The City

 

<動画紹介>

いきなりジム・ホールのソロに始まり、エバンスのソロに引き継がれて、

最後にエバンスのテーマで終わるという、なんともオツな構成の

冒頭曲の「I’ve Got You Under My Skin」

https://www.youtube.com/watch?v=ylzweSpaFDg

 

 

 

 

 

Will Vinson ウィル・ヴィンソン Four Forty One

企画力のウィル

f:id:zawinul:20210324213629j:plain

最近は、あまり気に入った新譜がないので、

そういう時は、

昨年とても気になっていたのに紹介できなかった作品を、

いくつか紹介していきたい。

 

正直、それほど、ウィル・ヴィンソンのアルト・サックスが好きなわけではないが、

彼の精力的な活動、ネットワーク、そして、アルバムの企画力の面白さには、

やはりいつも興味が湧いてしまう。

 

ギラッド・ヘクセルマン、アントニオ・サンチェスと組んだ、

最新作の「トリオ・グランデ」も聴く前から、興奮するようなワクワク感があったが、

この作品の参加アーティストのクレジットを見るだけでも、

聴かずにはおれない。

よくもこれだけの豪華なアーテイストに声をかけ、コーディネートし、

さらに単なるセッションに終わらない、非常にセンシティブな、

質の高い楽曲を創り上げている、ウィルの力量には脱帽だ。

 

このアルバムは、「5人のピアニストとの対峙」がテーマとなっている。

中でも、サリヴァン・フォートナーと、ゴンサロ・ルバルカバとの演奏は、

何か乾いた心に染み渡るような気がして、

いつもは、美しすぎて真っ当すぎてあまり好きでないウィルのアルト音色も

心地よく響いてくる。

サリヴァン・フォートナーのピアノは私好み。

 

豪華なメンバー、5人のピアニストの配置や進行などから想像される、

落ち着かなさは微塵もなく、非常に上質で、気を衒わない、

純粋なインプロビゼーションの面白さを堪能することができる傑作だと思う。

 

Will Vinson(As)
[1,2,11] Sullivan Fortner(P)、Matt Brewer(B)、Obed Calvaire(Ds)
[3,4] Tigran Hamasyan(P)、Matt Penman(B)、Billy Hart(Ds)
[5,6] Gerald Clayton(P)、Matt Brewer(B)、Clarence Penn(Ds)
[7,8] Fred Hersch(P)、Rick Rosato(B)、Jochen Rueckert(Ds)
[9] Gonzalo Rubalcaba(P)
[10] Gonzalo Rubalcaba(P)、Larry Grenadier(B)、Eric Harland(Ds)

 

1. Boogaloo
2. Love Letters
3. Banal Street
4. Oasis
5. I am James Bond
6. Cherry Time
7. Work
8. KW
9. The Way to You
10. That Happened
11. Milestones

 


'Love Letters' from 'four forty one' by Will Vinson

Fratello Joseph Bassi フラテッロ・ジョセフ・バッシ Ciao...Amore

嗚呼、和む。

f:id:zawinul:20210318211336j:plain

リラックスしたいときに、つい手にとってしまう愛聴版のひとつ。

 

テナーサックス、ピアノ、ベースという少し変わった編成のトリオである。

まず、なんと言ってもマックス・イオナータが甘い、甘い、甘い!。

控えめに、しっとり絡むドメニコ・サンナのピアノも渋くて好み。

そして、このトリオの一貫した音楽の確かな基底を刻むバッシのベース。

この三人が織りなす演奏は、

全編通して、ロマンチックで、密やかで、

しかも奥ゆかしく、上品なテイストで貫かれており、

全体として、非常にまとまりのあるアルバムとなっている。

 

つい手にとってしまうアルバムというのは、私の場合、

結構、ヨーロッパのアーティストによる、

どちらかといえば、真面目で地味ではあるが、緻密で上品な作品が多い。

このアルバムはその最たるものである。

いつ聴いても、飽きないし、その度に身を委ねることができる。

 

自分も、こんなトリオ編成で、

スタンダードな曲をあまり気を衒わず、

サラリと軽快に流しながらも、

ウイットの効いた絶妙なインターモデュレーション(相互作用)で、

演奏してみたいと思うのである。

 

Fratello Joseph Bassi (b)
Domenico Sanna (p)
Max Ionata (ts)

1.When I Look in Your Eyes
2.I Can’t Believe That You’re in Love with Me
3.Sno’ Peas
4.Voyage
5.I Know You Know
6.Say No
7.Ciro Chi?
8.Promenade
9.Giochi di Luci

REC October 12, 2015

 


Sno' Peas (feat. Domenico Sanna, Max Ionata)

SHUN ISHIWAKA 石若駿 Songbook3

血の通ったチャレンジ

f:id:zawinul:20210313104118j:plain

 

日本のジャズシーンを牽引していくだけの才能と人柄と可能性を

併せ持った、石若駿。

このSongbookシリーズを聴くと、心浮き立ち、ニンマリしてしまう。

 

「今後、自分を取り巻く音楽シーンは、どう変わっていくのか」

という質問に、彼自身が次のように答えている。

 

「これまで自分たちが他の国の音楽に憧れてきたように、これからは、(自分たちの音楽が)逆の立場になることが、近い将来ありそうだなって感じる。すごく着目されてくると思う。そしてそのように考えているミュージシャンが増えている気がする」

(https://www.youtube.com/watch?v=ASILsQ7VmYAより)

 

肌感覚で、石若駿の同世代、さらにはその下の世代のアーティストの手応えを

感じ取っているのだと思う。

なんとも頼もしい、羨ましい。

 

彼ほどの音楽の素養と修練尽くしたテクニックを備えたアーティストが、

様々な広がるネットワークと新しいテクノロジーを活用して、

世界に打って出ようとしているのである。

そして、重要なことは、

彼がそのことを為し得る、人格とリーダーシップを備えていることだ。

血の通ったチャレンジに大いに期待したい。

 

彼の多彩、多様な活動を振り返って、その思いを強くした。

 

石若駿(Ds)

角銅真実(Vo:2-5)、ermhoi(Vo:1,6)、Sara Rector(Vo:7)

Niran Dasika(Tp)、西田修大(G)

Marty Holoubek(B:2,5)、渡辺翔太(Syn:2)

Gideon Jukes(Tuba:1)、佐藤采香(Euphonium:1)、佐藤芳恵(Bcl:4)

須川崇志(B:7)、吉本章紘(Ts:7)、中島あきは(As:7)

 

1.OldfriendzII
2.おこのみやき
3.New Waltz
4.つづくよ
5.Song of New year's day
6.Rest
7.SSTC

 


Shun Ishiwaka『Songbook3』試聴動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAT METHENY GROUP パット・メセニー・グループ Offramp

「住する所なきを、まづ花と知るべし。」

f:id:zawinul:20210306220020j:plain

 

パット・メセニーを取り上げるのを敢えて避けてきたような気がする。

私の青春時代の心象と重なるたいせつな音楽であり、

長い年月にわたって、その圧倒的な編集工学の妙味を、贅沢に、惜しげもなく、

提示し続けてきたパット・メセニー・グループ(以下、PMG)の音楽を、

短い文章の中で固定化してしまうのは、何か怖いような気持ちさえある。

 

当然、「これが最高傑作」などといった野暮な切り口で紹介はしたくないし、

PMGの変遷を滔々と語るのも、面倒だ。

 

最近、とても興味深い書物に出逢ったおかげで、

PMGを取り上げる気持ちの後押しをしてくれた。

それは、安田登の「野の古典」(紀伊國屋書店)である。

その中で、世阿弥の芸論「風姿花伝」について触れており、

それがタイトルにある、

「住する所なきを、まづ花と知るべし」

という世阿弥の言葉である。著者は言う、

 

『花とは何かと聞かれれば、まずは「ひとつの状態に止まっていないこと(住する所なき)」といいます。花は散るからこそ花であって、咲き続ける花は花ではない。そう、まさに「初心」なのです。』

そして、

 

『初心の「初」と言う文字は布地に初めて鋏(刀)を入れることが原義。自分が変化をしようと思ったら、まずは過去の自分自身をバッサリと切り捨てなければならない、これが世阿弥の意図した本来の「初心」でした。自分自身を切り捨てるには痛みが伴います。血が流れることもある。特にうまくいっているときには、血を流してまでも現状を変えたいなどとさらさら思わないでしょう。しかし、むしろうまくいっているときこそ、過去の自分を切り捨てること、すなわち「初心」を忘れてはいけない、と世阿弥はいうのです。』

 

前人未到の7作連続、グラミー賞を受賞しているPMGは、

まさに、「初心」を忘れずに、いまの自分の栄光に浸ることなく、

想像を絶する努力を重ね、ひとつの状態に止まらない「花」=「作品」を

送り出してきたのでしょう。

 

今回、PMGの諸作品を改めて、新しいところから順に聴いてみたが、

過去に遡る形で聴いていくと、どんどんPMGの音楽が純化していく。

ダイヤモンドが原石に戻っていくような感覚。原石もまた美しい。

そして、PMGではないが、その萌芽ともいえる作品、

「ブライト・サイズ・ライフ」や「ウォーター・カラーズ」まで振り返った時、

何か、説明しようのない、嬉しく、恥ずかしくもあるような、幸福感、

懐かしく、心に染み入る感覚が押し寄せる。

けっきょく、過去の私を断ち切れない自分、

いつまでも、ノスタルジーに浸る凡人の私なのである。

 

パット・メセニーライル・メイズという奇跡の出会いは、

PMGという舟を大海に漕ぎ出し、いくつもの嵐に晒されながらも、

装備を厚くし、補強しながら巨船へと変貌し、荒波に立ち向かって行った。

特に、その大きな変貌を感じさせるアルバムの一つが、

この「オフランプ」である。

冒頭のただ事でない予兆感に溢れた「Barcarole」に始まり、

あまりにも有名で心に残り続ける「Are You Going With Me?」、

そして、この世のものとは思えない非現実感満載の「Au Lait」に至ると、

私の心は完全に崩壊してしまうのです。

 

Steve Rodby(b)
Danny Gottlieb(ds)
Lyle Mays(Piano, Synthesizer, Organ)
Nana Vasconcelos(Voice, Percussion, Berimbau)
Pat Metheny(g)

1981年10月、ニューヨークにて録音

 

1.Barcarole
2.Are You Going With Me?
3.Au Lait
4.Eighteen
5.Offramp
6.James
7.The Bat Part II

 


Au Lait - Pat Metheny

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EYOLF DALE  エイヨルフ・ダーレ  Being

北欧クール

f:id:zawinul:20210303223401j:plain

 

まだ、よく聴き込んだわけではないが、

私のあてにはならぬ直感で、「これは!」と、ひかかったアルバムである。

 

新譜漁りの中で、自分の好みに合い、おや? ハッ!とし、

余韻として何か、自分の中で煌めきを感じるような作品に

巡り会うことはそう多くはない。

 

特に冒頭の「The Lonely Banker 」に心奪われた。

基本3拍子だと思うのだが、1拍目にアクセントを置いたメロディが、

とても斬新で、非常にクール。

よくある、耽美的すぎる北欧ジャズ(あまり好きでない)ではなく、

突き放した冷淡さと、淡白さが、私好みである。

 

全編を通して聴くと、ダーレの作曲能力の高さのみならず、

テクニカルな側面の確かさ、そして、それをひけらかさない節度が好ましい。

良質な北欧クールを担う逸材として、

今後、注目していきたい。

 

Eyolf Dale (p, Celeste)
Audun Kleive (ds)
Per Zanussi (b)

 

1.The Lonely Banker 5.15

2.Northern Brewer 4.55

3.Behind 315 5.05

4.Forward from here 4.33

5.The Pondering 6.20

6.Fast forward, peace of mind 4.48

7.Ace 5.44

8.How could it be? 5.39

 


The Lonely Banker