JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Jacob Collier ジェイコブ・コリアー Djesse Vol. 4

ジェイコブ・コリアーの「わかりすく、難しことをやる」

 

このジェイコブ・コリアーの

Djesseシリーズ最後の集大成的アルバムを聴いて、

久しぶりに若かりし頃の音楽的戦慄の感覚が蘇ってきた。

 

「戦慄」を辞書で引くと、「怖くて震えること。おののくこと」とある。

怖くはないので、少しニュアンスは違うが、

「身体が震える」とか「血がたぎる」とか「おののく」といった表現は

しっくりくる。

 

私にとっても洋楽の初体験であった、クイーンの第5作までの初期作品群や、

EL&Pの「恐怖の頭脳改革」、ツェッペリンの映画「永遠の詩」など、

十代の頃の音楽体験はあまりにも強烈で、まさに戦慄して聴いていた。

 

ジャズでは、そこまで十代のころ感じたような戦慄を与えてくれた

アルバムはないのかもしれない。

強いて挙げれば、

マイルスのライブ盤「マイ・ファニー・バレンタイン」

キースの「スタンダーズVOL.1」、ハンコックの「バタフライ」あたりか。

 

ジェイコブ・コリアーとの出会いは、最初から衝撃的で、

一時、かなりハマっていた時期があったが、

最近、少し鼻につくような感じで、飽きてきたとも言えるのだが、

このジェイコブ・コリアーの新作を聴いて、まずは、

「ああ、素直になったなぁ」

「ポップでわかりやすくていい感じ!」

という第一印象が、まずあり、とても好感が持て、聴き進むことができた。

しかし、聴き進むうちに、不思議なことに、

前述の若かりし頃の戦慄に近い感覚が蘇ってきたのである。

勿論、若かりし頃の戦慄の程度の強さには及ばないのだが、

もし、このアルバムを、若い頃に熟聴していたら

強烈に戦慄していたのではなかろうかと、想像してしまったのである。

 

それだけ、このアルバムは、広がりのある音楽の仕掛けが充満して、

玉手箱のような魅力に溢れ、わかりやすく、かつ完成度も高い。

わかりやすく、難しことをやる、ジェイコブは偉いと思うのである。

 

今更ながら、やはり、ジェイコブ・コリアーは凄いアーティストだと思う。

凄すぎて、リスナーは、滅多なことでは

驚かなくなってしまうのかもしれない。

これだけの創作物を、隅々まで浸りながら聴いてみれば、

その恐ろしいほどの沼に、溺れる事だろうと思うのである。

 

1. 100,000 Voices
2. She Put Sunshine
3. Little Blue (feat. Brandi Carlile)
4. WELLLL
5. Cinnamon Crush (feat. Lindsey Lomis)
6. Wherever I Go (feat. Lawrence & Michael McDonald)
7. Summer Rain (feat. Maddison Cunningham & Chris Thile)
8. A Rock Somewhere (feat. Anoushka Shankar & Varijashree Venugopal)
9. Mi Corazón (feat. Camilo)
10. Witness Me (feat. Shawn Mendes, Stormzy & Kirk Franklin)
11. Never Gonna Be Alone (feat. Lizzy McAlpine & John Mayer)
12. Bridge Over Troubled Water (feat. John Legend & Tori Kelly)
13. Over You (feat. aespa & Chris Marin)
14. Box Of Stars Pt. 1 (feat. Kirk Franklin, CHIKA, D Smoke, Sho Madjo, Yelle & Kanyi)
15. Box Of Stars Pt. 2 (feat. Metropole Orkest, Suzie Collier, Steve Vai & VOCES8)
16. World O World

 


www.youtube.com

TOM OLLENDORFF  トム・オレンドルフ  A SONG FOR YOU

初体験!Tom Ollendorff 

 

遅ればせながら、

最近知ったギタリスト。

いやー最初の一曲目から、私好みの音色と、牧歌感の強い曲調に、

一瞬で心を捉えられた。

きっちり伝統を踏まえた上でのモダンなアプローチが、聴き易くて、

自然に、トリオでの対話に没入することができる。

 

また、このベースのチャップリンという人が、

とてもふくよかなベース音で素晴らしい。

このトリオに通底するグルーブをしっかり支えている。

 

英国の若きギタリストということらしい。

英国出身のアーティストって、そんなに頭に浮かんでこない。

コートニー・パイン、ジョン・マクラフリンエヴァン・パーカー

ジョン・テイラーとか・・・・、

どこか一癖も二癖もある面々であるが、

このトム・オレンドルフの音楽は、とても穏やかで、心地よい。

 

今後注目していきたいギタリストである。

 

Tom Ollendorff (g)
Conor Chaplin (b)
Marc Michel (ds)

1 A Song for You
2 Spring
3 Etude 1
4 Not in These Days
5 XY
6 Autumn in New York
7 Aare
8 Etude 3
9 These Days

RECORDED at Giant Wafer Studios, Wales,

December 2 & 3, 2019

 


www.youtube.com

Lee Konitz リー・コニッツ very cool

まさにヴェリー・クール!

 

リー・コニッツも、時に無性に聴きたくなるプレイヤーである。

やはり唯一無二のトーンと節回しが、

何ともクールでカッコ良い。

 

どう形容したら良いのだろう。

内に含んだような少し篭り気味でありながら、滋味深く艶やかな音色が、

心に沁み込んでくる。

リー・コニッツの音を注意深く聴いてみると、

ブレスコントローなのか、細やかに揺れている感じが何とも独特で心地よいのだが、

ポール・デズモントとはまた違う、ふくよかな音色が、

クールなのだが暖かいのである。

そして、この音色で奏でられるホリゾンタルで、流暢なフレーズが

これまた、天下一品で、本当によく歌っている。

 

このアルバムは、大学生の時に1,500円の廉価版(LP盤)で購入して、

下宿で、寝る前によく聴いたものだ。

特に、A面の3曲。

1曲目と3曲目がテンポのある、流れるようなクールサウンドで、

2曲目が「星へのきざはし」というバラード曲という構成も、

変化があって好きだったなあ。

 

1950年代のクール・ジャズの特集をサブスクなんかで聴くと、

意外と知らない名演奏やアルバムがあることを知る。

とても、現代的で実験的なニュアンスを持っていると改めて思うし、

ビ・バップと共に、モダンジャズの革新性を支えた潮流なのである。

もっと研究してみたい。

 

Lee Konitz(as)

Don Ferrara(tp)

Sal Mosca(p)

Peter Ind(b)

Shadow Wilson(ds)

 

1 Sunflower
2 Stairway To The Stars
3 Movin' Around
4 Kary's Trance
5 Crazy She Calls Me
6 Billie's Bounce

 

Movin' Around リーのソロの最初の辺りの、つまずいた様なフレーズが好き!


www.youtube.com

2023のベスト3

今年のベストは、マーク・ジュリアナ、パット・メセニー、ホーザ・パッソス&ルーラ・ガルヴァオン

 マーク・ジュリアナ「Mischief」

 パット・メセニー「Dream Box」

                    ホーザ・パッソス&ルーラ・ガルヴァオン

 

今年も、新譜を広く聴いたわけではなく、むしろ、

昔から所有していたり、名盤と言われながらも聴いていなかった

アルバムなどを中心に聴く機会が多い年であった

例えば、オスカー・ピーターソントリオとミルト・ジャクソン

1962年のverev盤「Very Tall」。

こんな良質なジャズを聴き逃していたとは!

それから、日本ジャズ界の若手の活躍に、改めて心震えた年でもあった。

平川初音が井上陽介と池田篤と組んでリリースしたアルバム、

「Wheel Of Time」には手放しで拍手を送りたいし、

12月10日に兜町で開かれた「JAZZ EMP@Tokyo Financial Street」は、

なんと無料のイベントであったが、

平川初音、松原慎之介、Taka Nawashiroの各ユニットの演奏が本当に素晴らしかった。

自分たちのやりたいことをやるというコンセプトのもと展開された音楽は、

エネルギッシュなだけでなく、高度な技術に裏付けされた、

非常にクリエイティブで構成力の優れたサウンドに満ち溢れ、

久々にライブの醍醐味を味わった。

特に、この催しで魅了されたのは、

御贔屓の平川初音のユニットは勿論のこと(奇をてらわない平倉のMCも大好き)、

Taka Nawashiroのユニットがすごかった!

全篇Takaのオリジナルだが、曲作りもうまいし、浮遊感のあるギターとともに、

グループエキスプレッションとして昇華していく様は圧巻であった

壺阪健斗のピアノも冴えに冴えていたし、高橋陸のベースも期待通り。

そして何より初めて聴いたドラムの小田切和寛のエレガントなドラムにも痺れた。

これだけ高レベルの熱い音楽が日本から生まれていることを、

もっともっと広く知らしめたいという気持ちになった。

美術界のパトロンというサポートは昔からよく聞くが、

若手ジャズミュージシャンのパトロン文化、即ち、若手育成に企業や愛好家が

私財を投じるという社会貢献が、日本にも定着していかねばならないのではと感じた。


さて、本題の今年度のベスト3は、

マーク・ジュリアナ「Mischief」

zawinul.hatenablog.com

パット・メセニー「Dream Box」

zawinul.hatenablog.com

ホーザ・パッソス&ルーラ・ガルヴァオン

zawinul.hatenablog.com

にしました。


マーク・ジュリアナは昨年度に引き続きセレクトしたが、

やはり圧倒的に凄いことをやってるなという感覚、

簡単には説明できない説得力が備わっている。

今回は、前作の「The sound of Listening」の実験的な側面というより、

ジャズというトラディショナルを真正面から受け止め、

余裕さえ感じられるアプローチに、心底やられたという感じである。

パット・メセニーは一言、私のノスタルジーである。

これをやられては完全にノックアウトである。

メセニーのソロアルバムなんだけど、

どうしてもライル・メイズ想起してしまう自分がいる。

そして、ホーザ・パッソス&ルーラ・ガルヴァオン。

これまで知らなかった名手ルーラ・ガルヴァオンのギターにのせて語られる

枯淡でフラジャイルなホーザの歌声がしみじみと心に沁みわたってきます。

 

Kurt Rosenwinkel & Geri Allen カート・ローゼンウィンケル、ジェリ・アレン Lovesome Thing

奥の深いカート 〜魅力尽きることなく〜

やはり、カートのギターは深いなあ〜

年末に、これまた心揺さぶられるアルバムに出会うことができた。

心囚われ、没入感半端ない、今年のベストアルバムの一つである。

 

録音されたのは2012年というから、10年以上も前の音源。

録音後、ジェリはスタジオ・アルバムの制作を熱望していたという。

願いは叶わず、5年後の2017年に60歳の若さで、

亡くなってしまったジェリ・アレン

 

ピアノはこう弾くんだという、他のピアニストとは一線を画した、

ジェリ・アレンの主張性の強い、独特で、鮮鋭なピアノタッチには、

いつも畏敬の念を抱いてきたが、

このカートとのデュオによるジェリのピアノは、なんというか、

非常に深遠で、ドリーミーで、

明らかに、カートに触発されて、夢心地で弾いている姿が思い浮かぶ。

 

優れたアーティスト、あるいは心酔しているアーティストと共演したときに、

喜びとイマジナリーが湧き出て、いつもとは違う自分のインプロビゼーション

導き出されていくような経験は、私にもあるが、

まさに、このアルバムには、二人のなんとも素晴らしい相互作用によって、

新たな次元の結晶を生み出すことに成功している。

ジェリが再度、アルバム制作を強く望んだこともよくわかる気がする。

 

冒頭のビリー・ストレいホーンのラブソングの美しいことといったら。

カートもいつものエキセントリックな側面は抑えられて、

より叙情的で悲しげなフレーズとタッチが、きらびやかなジェリのピアノと交歓して、

本当によく歌っているのである。

カートの深遠さを再確認することができた。

 

現代版、ジム・ホールビル・エバンスのインターモデュレーションと言いたい。

 

 

 

Kurt Rosenwinkel: Guitar

Geri: Allen: Piano

 

1. A Flower is a Lovesome Thing
2. Embraceable You
3. Introductions (Geri Allen)
4. Simple #2
5. Ruby My Dear
6. Introductions (Kurt Rosenwinkel)
7. Open-Handed Reach

 

二人の一期一会の奇跡をお聴きください。


www.youtube.com

 

 

 

WAYNE SHORTER ウエイン・ショーター  JUJU

ストーリーテラー

 

ショーターのドキュメンタリー映画無重力の世界」を観た。

エピソード1~3と三部に分けて、ショーターの生い立ちから、

亡くなるまでの軌跡を丁寧に描いている。

面白かったのは、ショーターが音楽を志すことになった時のエピソード。

音楽のミューズが舞い降りた瞬間を語っている。

 

ショーターの演奏している動画(ウェザーリポート時代のものなど)を見ると、

この人はやっぱり、ちょっと変わってんなアと思う。

あまり表情豊かではないけれど、

時に、幼さやいたずらっぽさ、落ち着きのなさ、気まぐれさが、

仕草にストレートに表れている。

挙動不審な振る舞いながらも、演奏自体は、リズムは正確無比だし、

説得力の高い咆哮が空間を突き刺している。

 

多分、音楽を含め、世界の見え方(聞こえ方)が、常人と少し違っていて、

彼にしかできない独特の解釈、捉え方ができるのであろう。

 

ショーターの即興を聴くと、音空間の全容を瞬時に捉えたうえで、

余裕をもって、切り分け、色を添えていくといった展開力にいつも圧倒される。

その即興の素晴らしさは、なんといっても語り口のうまさ、ドラマ性にあるのだが、

もう少し分析的に、述べてみるならば、

フレーズの積み重ねや構成により、即興的にドラマ性が構築されているというより、

演奏する前から、語るべき「物語」が既に、厳然としてそこに存在していて、

ショーターのあの独特の音色と間合い(語り口)によって、

その物語が、色彩豊かに、この世に再現されるような感じを受ける。

即興であって、即興でないとでも言おうか。必然性の高い即興とも言える。

 

よく、アーティストの偉大さを表現する際に、

演奏する前から音が聞こえてくる(見えてくる)気がすると言われることがあるが、

まさしくショーターは確固たるストーリーテラーなのであろう。

そして、ショーターの語り口を、グループサウンドとして昇華したのが、

ザビヌル率いるウェザー・リポートであろう。

ウェザー・リポートの真実」(山下邦彦著)を読めば分かるが、

即興の定着化(譜面化)というザビヌルが選択した手法は、

ショーターという稀有なクリエーターあってこその適した手法なのであろう。

 

このアルバムを久々に聴いて、興奮した。

ジョン・コルトレーンカルテットのリズムセクションを従え、

ワンホーンで繰り広げられるストレートアヘッドなショーターの咆哮に、

魅了されっぱなしである。

マッコイもエルビンも、親分のコルトレーンの時よりも

興奮している気がするのは、私だけであろうか。

全てショーターのオリジナルというのも珍しいし、

おどろおどろしさ、アジアンテイスト、コスモロジカル、黒魔術、モーダルさ、

などなど、

ショーターの謎めいた深遠な世界が概観でき、堪能できる傑作アルバムである。

 

1 JuJu
2 Deluge
3 House of Jade
4 Mahjong
5 Yes or No
6 Twelve More Bars to Go


Wayne Shorter(tenor saxophone)
McCoy Tyner (piano)
Reggie Workman (bass)
Elvin Jones (drums)

 

この冒頭曲のショーターのソロは本当にドラマティック。

私もソロのドラマ性を身につけたいが、これは天分か。


www.youtube.com

 

John Scofield  ジョン・スコフィールド Uncle John's Band 

レジェンドの絶頂期とは?


レジェンドとは「伝説」、「伝説的人物」の意の英語であるが、

日本語的には、各界において「この人を抜きにしては語れない」とか、

「生きた伝説」と言われるような、偉大な功績を上げ、多くの影響

与えた人物を指す意味合いで用いられることが多い。

ジョン・スコフィールドはレジェンドか?」という問い。

自分なら反射的に「そらそうでしょう」と即答してしまうが、

「どういうところが?」と更に問い詰められたら、とまどいながら

「アウトフレーズが特徴のブルージーな奏法は唯一無二。多くのギター小僧に

影響を与えたんじゃない」とでも答えるかもしれない。

でも何か釈然としない。その言質には、確かな客観性に欠けるような気がする。

それでは次に、「ジョンスコの絶頂期はいつ?」という問い。

ジョンスコも相当な多作家で、

エンヤ、グラマヴィジョン、ブルーノート、ヴァーヴ、ECMなど、

様々なレーベルを渡り歩き、

概ねレーベルごとに、アルバムづくりのカラーのようなものはあるが、

彼のプレイ自体は、基本、いつの時代も変わらぬ「ジョンスコ節」なのである。

このことは、ある意味当たり前かもしれない。

ソリストの個性でもある「スタイル」や「音色」といったものは、

そう簡単に変わるものではない。

勿論、演奏技術の熟達、調子のよさといった経年的な変化はあろうものの、

最も大きな変化は、やはり、共演者との総合作用によって生み出される、

グループ全体の音楽性、即ち曲想であり、グルーブ感なのである。

そうであるならば、

「どのグループフォーマットの時に、最もジョンスコの真髄、真価

引き出されていたのか?」

という問いに変えたらどうだろう。

これは、人(ファン)によって、答えは大きく変わる。

個人的には、グラマビジョン時代のキレキレのタイトなビートに乗った

ジョンスコのアウトフレーズや、

ブルーノート時代のジョー・ロバーノと作り出した

緊張と緩和のジョンスコの深刻な表情にこそ、

最もジョンスコに通底する真価である「ブルース」を感じるのだが

繰り返しになるが、これは人によって思い入れが変わるのは当然で

何が正しいということは言い切れないのである。

そして、最近、ECMへの移籍後の作品に、

ジョンスコおじさんが辿り着いた、極めて純粋で枯淡な「ブルース」を

ヒシヒシと感じている。

この本作も、2枚組というある意味、驚きのリリースであり、

マンフレットアイヒャーのレジェンド、ジョンスコに対する

信頼の厚さの現れなんでしょうね。

実は、ジョンスコの絶頂期は今なのかもしれない。

チャールス・ロイドとともに、長いキャリアの中で、

高度な演奏レベルを維持しつつも、

益々円熟化し豊饒になっていくという、稀有なアーティストの一人なのでしょう。

ジョンスコ自身もアーティスト冥利に尽きると実感していることでしょう。

お年寄り万歳!

John Scofield<g>
Vicente Archer<b>
Bill Stewart<ds>

<CD 1>
1. Mr. Tambourine Man(Bob Dylan){09:05}
2. How Deep(John Scofield){05:39}
3. TV Band(John Scofield){07:22}
4. Back In Time(John Scofield){06:49}
5. Budo(Bud Powell, Miles Davis){04:12}
6. Nothing Is Forever(John Scofield){06:40}
7. Old Man(Neil Young){07:02}
<CD 2>
1. The Girlfriend Cord(John Scofield){05:22}
2. Stairway To The Stars(Mitchell Parish, Frank Signorelli, Matt Malneck){06:42}
3. Mo Green(John Scofield){07:19}
4. Mask(John Scofield){06:34}
5. Somewhere(Stephen Sondheim, Leonard Bernstein){06:32}
6. Ray's Idea(Gil Fuller, Raymond Brown){03:56}
7. Uncle John's Band(Robert Hunter, Jerome Garcia){06:27}

 


www.youtube.com