JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Gerald Clayton ジェラルド・クレイトン Bond: The Paris Sessions

全てが備わった、ピアニストの最高峰

f:id:zawinul:20211219220707j:plain

2011年のジェラルド・クレイトン2作目のリーダーアルバム。

私は、このアルバムが大好きで、本当によく聴く。

 

ジェラルド・クレイトンは、

テクニック、リズム、音づかい、ダイナミクス、歌ごころ、ハーモニー、構成力、

どれをとっても非の打ちどころがなく、バランス感覚の優れた、

現代最高峰のピアニストであると思う。

 

デビューアルバムの「two-shade」は、

いささか、鼻持ちならない、これみよがしの感はあったものの、

このアルバムは、全編を通じて、比較的落ち着いた語り口でありながら、

内なるパッションが表出したような、理想的なテイストを創り出しており、

ピアノ トリオというフォーマットの魅力を最大限に引き出している。

 

オリジナル曲も創意溢れていて素晴らしいが、ソロで奏でられる、

スタンダードの「Nobody Else But Me 」を是非、聴いて欲しい。

彼がいかに、伝統を勉強し、吸収し尽くしているかが、よくわかる演奏である。

ロピアノをここまで、コンセプチュアルにちゃんと弾ける人というのは、

そんなにいない。

特に左手の使い方が、メロディアスで驚異的に上手いし、まず真似できない。

こんなに美しい「Nobody Else But Me 」を聴いたことがない。

曲の途中で微かに聴こえる、彼のハミングが、

彼自身も楽しんでいるということが、想像できて面白い。

 

繰り返し言うが、非の打ちどころがないピアニストである。

若手の中では、グレン・ザレスキーと並んで、

ご贔屓のピアニストです。

 

Gerald Clayton: piano
Joe Sanders: bass
Justin Brown: drums 

 

1 If I Were A Bell 7:48
2 Bond: The Cast 3:45
3 Bootleg Bruise 5:07
4 Major Hope 6:14
5 Bond: Fress Squeeze 4:02
6 Snake Bite 3:51
7 Sun Glimpse 6:34
8 Which Persons? 1:21
9 3D 6:39
10 Nobody Else But Me 4:37
11 All The Things You Are 3:43
12 Bond: The Release 3:45
13 Shout And Cry 3:30
14 Round Come Round 4:51
15 Hank 4:50 

 


www.youtube.com