JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Charles Mingus チャールス・ミンガス Changes One / Changes Two

元気の出る音楽

f:id:zawinul:20210502111728j:plain

 

チャールス・ミンガスの音楽を、

時々、無性に聴きたくなる。

そして、ミンガスを聴くと、元気になれる。

心が暖かくなる。

 

このアルバムも、学生時代に中古の掘り出し物として、

安価で手に入れた思い出深い、レコード。

確か、2枚で1,500円だったと思う。

そして、買って良かったと、つくづく思ったレコード。

多感な時期に聴いたレコードの例に漏れず、

何度も何度も繰り返し聴いたアルパムである。

 

何が良いかって、

全編を通じて繰り広げられる、熱くドラマチックで、ゴージャスな曲展開。

ストーリー性があるのは、ミンガス音楽の特徴であるが、

この二枚組は、ミンガスの軌跡をコンパクトに概観できるような気がするのである。

突っ走り、いきがって先を急いで、頑なな性格で、転んだり、躓いたりしながらも、

前を向いて、仲間に励まされながら、独自のジャズを切り開いていった、

ミンガスの音楽人生そのものを、追体験できる気がする。

 

ドン・ビューレンとジョージ・アダムスのコンピも絶好調で、

70年代のミンガスユニットの顔ともいえる、生き生きとした演奏を繰り広げている。

よく、ミンガスの音楽は「怒り」を象徴しているというが、

私としては、

「Orange Was The Color Of Her Dress, Then Blue Silk」や

Duke Ellington's Sound Of Love 」などの、

なんともハートウォーミングでシルキーなサウンドの方に、

ミンガスの本質を感じるのである。

確かに「怒り」があってこその「優しさ」なのかもしれないが・・・

 

Jack Walrath (tp)
George Adams (ts),(vo) on Chenges One 03.
Don Pullen (pf)
Charles Mingus (b)
Dannie Richmond (ds)

On Chenges Two 04.:
Jackie Paris (vo)
Marcus Belgrave (tp)
Sy Johnson (arr.)

Recorded at Atlantic Recording Studios, NYC
on 27, 28 & 30, 1974


Changes One:
01. Remember Rockefeller At Attica (Charles Mingus)
02. Sue's Changes (Charles Mingus)
03. Devil Blues (Charles Mingus/George Adams/Gatemouth Brown)
04. Duke Ellington's Sound Of Love (Charles Mingus)

Changes Two:
01. Free Cell Back F, 'Tis Nazi U.S.A. (Charles Mingus)
02. Orange Was The Color Of Her Dress, Then Blue Silk (Charles Mingus)
03. Black Bats And Poles (Charles Mingus)
04. Duke Ellington's Sound Of Love (Charles Mingus)
05. For Harry Carney (Sy Johnson)

 


www.youtube.com