JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

wether report ウェザー・リポート/night passage

稀代のオーガナイザー ザビヌル

 

f:id:zawinul:20200409133459j:plain

ウェザー・リポート

ジョー・ザビヌルという天才が生涯をかけて、

彼の世界観、音楽観を体現する舞台となった伝説のグループである。

このグループの凄さ、というより、ジョー・ザビヌルというウィーン出身の

尋常でない一人のオーガナイザーが、ジャズという音楽の可能性を

どのように切り開いていったのかは、

ウェザーリポートの真実/山下邦彦 編』読んで頂くと改めて再確認できる。

その驚くべき楽曲の制作手法、特異なメロディメーク、リズムの斬新さ・キレ、

オーケストレーションの妙技、ライブパフォーマンスのクオリティなど、

どれをとっても、他の追従を許さない、圧倒的な存在感を遺したグループである。

 

ジャズといえば、セッションという場におけるスポンティニアスな魅力が

多く語られるものだが、エリントンを初めとする様々なビックバンドや、

ギル・エギンスとマイルスによるコラボ、MJQ、RTF、

ヘッド・ハンターズ、パット・メセニーグループなど、緻密に練り上げられた、

グループエキスプレッションの系譜も、脈々と受け継がれてきており、

いずれの試みも、緻密かつ物語性のある壮大なドラマを創造してきた。

WR(wether report)は商業的にはそれほど成功しなかったかもしれないが、

ザビヌルという天才が、自らの天分と独創性を思う存分に発揮し、

革新的なジャズの地平を切り開いていった点は、

もっともっと評価されていいと思う。

 

エリントン、モンク、ミンガス、マイルスといったトータルオーガナイザーと

肩を並べる力量を持った孤高のミュージシャン、ザビヌル。

その魅力を語るに、尽きることはない。

 

   Joe Zawinul / keyboards, co-producer
   Wayne Shorter / saxophones
   Jaco Pastorius / bass, co-producer
   Peter Erskine / drums
   Robert Thomas Jr. / hand drums

 

1. Night Passage (6:29)

2. Dream Clock (6:26)

3. Port of Entry (5:09)
4. Forlorn (3:55)
5. Rockin' in Rhythm (3:02)

6. Fast City (6:16)
7. Three Views of a Secret (5:50)
8. Madagascar (10:56)
Total Time: 48:03

 

Tracks 1-7 recorded Live July 12-13, 1980 at The Complex in Santa Monica, California.
Track 8 recorded Live in Osaka, Japan.

 


Weather Report - Night Passage 1980