JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Bill Charlap ビル・チャーラップ  Street of Dreams

「斯くあるべし」

f:id:zawinul:20211116135740j:plain

ビル・チャーラップ・トリオの新譜である。

「大好きなんです!」という訳ではないが、

やはり聴かずにはおられない。

ブルーノート復帰作ということらしい。

 

まず、ジャケットが渋い。

一番左側が、ビルだが、ビルに見えない。

ウォールストリートの敏腕サラリーマンのようだ。

 

そして、これまで以上に選び抜かれた音使いであること。

どんどん余分なものを削ぎ落としていっている感じがする。

ビル・チャーラップ・イズムといおうか、イディオムというか、

少し音を間引いて弾き切らないビル特有のコロコロ奏法は、

いつも真似したいと思っているのだが、

いよいよ洗練されて、研ぎ澄まされた感じがする。

長年連れ添った、ピーター・ワシントンとケニー・ワシントンという

ビルイディオムを知り尽くしたサポートのなか、

必要な音だけ置いていく、遺していく、

「斯くあるべし」というように弾くビルの音楽の頑固さ。

美しさ。

 

構成、展開、ダイナミズム、グルーブ感、

どれをとっても非の打ち所がないピアノトリオアルバムである。

しかしあまりにも完璧で、面白味がないとも言える。

アノトリオの教科書のような演奏である。

でも、スタンダードを解釈する喜びも感じる。複雑な気持ち。

 

それにしても、相変わらず、ビル・チャーラは最高にピアノが上手い!