JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

John Scofield ジョン・スコフィールド Who's Who

ジョン・スコ節は昔から変わらない

f:id:zawinul:20210910103558j:plain

 

学生時代、マニアックなギタリスト達の羨望の的であった、ジョン・スコ。

当時、変態フレーズ、アウトフレーズの代名詞の様に言われていた、

ジョン・スコも、今となっては、もはや定番になってしまった。

 

昔、ホントに何度も聴いたこのアルバムを改めて聴いた感想を要約すると、

 ○ジョン・スコは基本、昔も今も変わらないなぁ

 ○これが1979年のリリースとは!今なお、新鮮で斬新、お洒落。

特に、アンソニー・ジャクソンとスティーブ・ジョーダンとのコンビネーションは、

今聴いても、これぞ、ジョン・スコと言える魅力を引き出している。

レイジーで、ブルージーなジョン・スコのギターを、

二人のセンシティブでタイトなリズムセクションが、引き立てている構図。

 

特に、表題曲の「Who's Who? 」のカッコイイことと言ったら!

アンソニー・ジャクソンのタイトなベース・フレーズに乗って、

気持ち良く滑っていく、ジョン・スコの流暢なブルースフレーズ。

シンプルなフュージョンではあるかも知れないが、至極の世界である。

 

初期ジョン・スコの中で一番好きなアルバムです。

ケニー・カークランドも相変わらず・・・・(ニンマリ)。

 

John Scofield(G)

Kenny Kirkland(P on 1-2, 4-6),

Anthony Jackson(B on 1-2, 4-5),

Steve Jordan(Ds on 1-2, 4-5),

Sammy Figueroa(Per on 1-2, 4-5),

Billy Hart(Ds on 3, 6),

Eddie Gomez(B on 3, 6),

David Liebman(Ss, Ts on 3, 6)

Released 1979. 

 

1. Looks Like Meringue

2. Cassidae

3. The Beatles

4. Spoons

5. Who's Who?

6. How The West Was Won

 

表題曲のWho's Who?  

Anthony JacksonとSteve Jordanのプロの妙技にご注目を!


www.youtube.com