JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Brad Mehldau  ブラッド・メルドー The Art Of The Trio Vol.1

ただ事でないピアノ

f:id:zawinul:20220113160923j:plain

 

このThe Art Of The TrioシリーズはVol.1〜5の5部作になっているが、

エバンスのリバーサイド4部作のように、

メルドーを語る上で外せない初期メルドーの傑作アルバム群である。

発売当時、度肝を抜かれたものである。

 

今更ではあるが、ただ事ではないピアノなのである。

ピアノという楽器のダイナミクスとジャズイディオムの伝統を知り尽くし、

ジャズピアノの新たな地平を果敢に切り開いていくような斬新さに溢れている。

テーマの取り方や物語性、正確無比なフィンガリングとリズム、左手の多用、

反復性の魅力など、どれもこれまでに聴いたことのないアプローチで、

選曲のセンスも素晴らしい。

 

ハンコック、コリア、ジャレットのジャズピアノ三巨匠が長らく君臨するジャズ界に、

新たな息吹をもたらす、新鋭アーテイストがやっと誕生したという感動があった。

もうあれから20年以上も経ったのだなあと感慨深くなるとともに、

今聴いても、やはり気持ちが昂る。

 

端的にいうと、「説得力」なのかも知れない。

有無を言わせず聴かせてしまう力を持つ、稀有なアーティストの一人である。

 

個人的には、ライブ盤のVol.2が一番興奮する。

 

Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Jorge Rossy (ds) 

 

[1] Blame It On Youth
[2] I Didn't Know What Time It Was
[3] Ron's Place
[4] Blackbird
[5] Lament For Linus
[6] Mignon's Song
[7] I Fall In Love Too Easily
[8] Lucid
[9] Nobody Else But Me

 


www.youtube.com