JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Tommy Flanagan トミー・フラナガン Overseas

あゝ 理想のGroove!

 

あまりにも有名な、トミー・フラナガンの初リーダー作品にして、

最高傑作の一つである。

ジャケットといい、メンバーといい、選曲といい、

全てが素晴らしい作品である。

 

もう最初の「リラクシン・アット・カマロ」を聴くだけで、

そのスリリングに疾走する一体感に心奪われてしまう。

今日聴き返してみて、改めて気づいたことは、

エルビンのドラムが全てブラシワークであること。

この気持ちの良いノリは、

エルビンのオンリーワンなタイム感覚によるところが大きいかもしれないが、

正確無比なトミフラのフィンガリングと相まって、独特のグルーブ感を生んでいる。

 

ブルージーでありながら、理知的で洗練した即興演奏とはこうあるべきだという、

いつ聴いても勉強になるエッセンスが至る所に詰まっている。

 

ジャズピアニストとしては、玄人好みのピアノで、

ロリンズやコルトレーン名盤のサイドメンを務めたという威光で、

無視されない重要ミュージシャンのような捉え方をされてはいるが、

もっともっとその卓越した才能がクローズアップされていい、バチューオーゾである。

ホビー・ティモンズ、ソニー・クラークとともに

もっともっともっともっと、聴いてほしいピアニストの一人である。

 

Tommy Flanagan (p)
Wilbur Little (b)
Elvin Jones (ds)

Recorded by Gosta Wiholm

Recorded 1957.8.15

  1. Relaxin’ At Camarillo
  2. Chelsea Bridge
  3. Eclypso
  4. Beat’s Up
  5. Skal Brothers
  6. Little Rock
  7. Verdandi
  8. Delarna
  9. Willow Weep For Me


    www.youtube.com