JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

IRENE KRAL アイリーン・クラール WHERE IS LOVE?

 声というものの相性

f:id:zawinul:20200516200049j:plain


心の琴線に触れる歌声というものは、誰しもあると思う。

わたしの場合、

女性ボーカルでは、このアイリーン・クラールとキアラ・シベロ。

男性ボーカルでは、トニー・ベネット

 

1978年、46歳でガンで早逝したアイリーンは、

ロイ・クラール(ジャッキー&ロイ)の妹であることは、

あまり知られていないかもしれない。

 

このアルバムの冒頭曲「I LIKE YOU,YOU'RE NICE」を聴いていただきたい。

少し鼻にかかった、適度な太さのある、柔らかな音質の歌声。

音程を伸ばす時のゆっくりと、たゆたうビブラートが、なんとも心地よい。

 

ボーカリストはピアノとのデュエットの時こそ、その真価を発揮するのでは。

ビル・エバンストニー・ベネットのデュオも両者の魅力を余すところなく

引き出した傑作であると思うが、

このアラン・ブロードベントとの語り合いも、

お互いが信頼し合って、心ゆくまで、その類いまれな歌心を発揮した

歴史的名盤であると思う。

 

 

RENE KRAL(vo)

ALAN BROADBENT(p)

 

1.I LIKE YOU,YOU'RE NICE

2.WHEN I LOOK IN YOUR EYES

3.A TIME FOR LOVE/SMALL WORLD

4.LOVE CAME ON STEALTHY FINGERS

5.NEVER LET ME GO

6.SPRING CAN REALLY HANG YOU UP THE MOST

7.LUCKY TO BE ME/SOME OTHER TIME

8.WHERE IS LOVE

9.DON'T LOOK BACK

 

REC:December 1974

 


I Like You, You're Nice