JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

須川崇志 バンクシアトリオ Time Remembered

林正樹という、日本の宝

 

f:id:zawinul:20200509144514j:plain


SUZUCKさんのブログで、最近知った林正樹というアーティストに、

最近、とても心を奪われている。このところ彼を追っかけている。

 

日本で、これほどの素晴らしい感性を持ったピアニストに出会ったのは、

本当に久しぶりである。

かつて、かなり前に港区のボディアンドソウルで聴いた

ピアニスト中島政雄に出会った時の、深く、肌感覚で迫ってくる、心地よさと

同じものを感じる。

 

言葉で、林正樹の魅力を説明するのは難しいのだが、あえてトライしてみると

 

◯タイム感覚が優れている。

 語り口というか、ノートとノートの繋げ方、間の取り方といった、

 タイム感覚が絶妙である。

◯曲全体を貫くトーナリティの豊かさ、確かさ

 これが、超一流ミュージシャンが持つ共通の資質と思うが、最初の一音から

 最後まで、固有の色、調性を生み出す底力があること。

◯活動が多彩であること

 様々なジャンルの音楽を吸収し、深いバックグラウンドの中から

 生み出される活動の多様性。 ←これが林正樹、最大のポテンシャル

 

彼のリーダー作品も、実に素晴らしく、抑制の効いた、極めて内省的で

かつ緻密な演奏を披露しているが、

この作品も、今を時めく、須川、石若というクリエーターとの触発によって

生まれた、刺激的なインタープレイが、唯一無二でほんとうに素晴らしい。

 

このメンバーで作品を世に送り出そうとした仕掛け人の方は誰なんでしょう。

世界に通用する作品として、日本が誇れる軌跡である。

 

林 正樹 (piano)
須川 崇志 (bass)
石若 駿 (drums except 6)

 

1. Time Remembered
2. Yoko no Waltz
3. Nigella
4. Banksia
5. Under The Spell
6. Lamento (p & b duo)
7. Largo Luciano
8. Yoshi

2019年7月31日 録音

 


須川崇志バンクシアトリオ「Banksia」