JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

Jesper Bodilsen, Morten Lund & Henrik Gunde『Moods』

素直、丁寧、節度

ステファノ・ボラーニとの作品で、いいなあと思っていた、

デンマークのベーシスト、イェスパー・ボディルセン。

ヘンリック・グンデと言うピアニストを従えたピアノトリオ作品。

 

北欧のテイストという形容詞は、いつもあまり好きになれないのだが、

こんなに真っ当な、ピアノトリオはついつい聴き惚れてしまう。

ヘンリック・グンデは初めて聴いたが、素晴らしいピアニストである。

ドラムのモーテン・ルンドもとても繊細なドラムで、

アノトリオの品位をしっかりサポートしている。

 

ジャズは即興音楽で、スポンティニアスで感性の趣くまま、自由奔放な

アドリブこそ魅力なのだと思う時もあるが、

一方で、こういう節度ある丁寧に創られたものにも心奪われる。

ここのところ、またクラシックを聴き出したせいもあるかも知れないが、

推敲に推敲を重ねた音楽、構成美、一音一音のハーモニー、

全てが礼儀正しく、素直で、節度がある。

茶道の所作の様な、洗練された作法の美しさといおうか。

 

ムーン・リバーとかアイル・ウェイト・フォーユーといったベタな映画のラブソングや

バイ・バイ・ブラックバードや、朝日の如く爽やかになど、

どスタンダードを取り上げているところも、心憎い。

ムーン・リバーの演奏動画を載せておくが、

無駄な処が何一つなく、原曲に対する愛おしさと、三者の心の通い合いが

伝わってくる演奏である。

 

Henrik Gunde (Piano) 

Jesper Bodilsen (Bass) 

Morten Lund (Drums)

 

1  Blame It on My Youth

2  My Funny Valentine

3  Solveigs Sang

4  Kärlekens ögon

5  I Will Wait for You

6  Bye Bye Blackbird

7  Moon River

8  Softly as in a Morning Sunrise

9  Fanølyng

 


www.youtube.com