JAZZ遊戯三昧

オススメのジャズアルバムを紹介してます。

LUCAS PINO  ルーカス・ピノ  THAT'S A COMPUTER

世の中には、なんと知らないことの多いこと! 
 

f:id:zawinul:20200505223105j:plain

グレン・ザレスキーでネット検索していたら、「365日J棟で」という
ブログに出会い、その中で紹介されていたこのアルバム。
一聴して、衝撃を受けました。
 
世の中には知らないことが、なんと多いことか、
気づかずに見逃していることが、なんと多いことか・・・と。
まあ、そんなことは、当たり前な話なんだけど、
このアルバムに出会えた嬉しさを、素晴らしさを伝えたくて、
早速、紹介させていただきます
 
本当に言い得て妙!、同感至極な解説でした。
まさに、「きゃっぷ」さん言われる通り、
「コンボジャズとオーケストラの間にある"ラージアンサンブル"のイメージにスポン!とハマった感じ」の通り、
完成度の高い、「丁度ええ」感じのアンサンブルで、
伝統に対するリスペクトも感じられる、非常に良質で、謙虚な、
それでいてレンジの広い音楽性を発揮しているところが、本当に素晴らしい。
 
ジャズという音楽が、こうした才能ある若い世代に引き継がれ、
新しい音楽へと発展させていることを、もっともっと多くの人に知って欲しいと
痛感した1日でした。
 

 

LUCAS PINO 

THAT'S A COMPUTER 
 
1  Antiquity
2  Horse of a Different Color
3  Film at 110
4  Look Into My Eyes
5  Frustrations
6  Sueno De Gatos
Baseball Simulator 1000

 

Personnel:

Lucas Pino (bass clarinet, tenor saxophone); Rafal Sarnecki (guitar);

Alex LoRe (alto saxophone); Andrew Gutauskas (baritone saxophone);

Mat Jodrell (trumpet); Nick Finzer (trombone);

Glenn Zaleski (piano); Jimmy Macbride (drums)

 


Lucas Pino - Antiquity